スポンサーサイト

0
    • 2017.01.26 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    手打ちうどん小野

    0

      さてさて、今回は久しぶりにうどん屋さん日記です。

      今回訪問したのは香川県三豊市にある手打ちうどん小野さんです。

      ここは僕のお気に入りのお店のひとつだったりします。

      老舗のこちらのお店は三豊市の奥まったところにあるにもかかわらず、人気店でお昼時は満杯なんてことも。

       

      お店に入ると有名人の色紙が壁にたくさん貼ってあります。

      入ってすぐの右手にあるカウンターで食べるうどんを注文し、カウンター奥でうどんやサイドメニューのいなりや天ぷらをもらって席に着きます。

      ここは後払い方式なので食べたものをちゃんと記憶しておきましょう。

       

      さてさて、席に着いたらいただきます。

      こちらのうどんはまずダシが美味しい!

      黄金色に輝くこのだしはイリコの香りが優しくふわっと香る優しい味。

      しょっぱいっていう人もいますが僕にはぴったりの味です。

      そして少し細目の麺。

      これがこのお店を好きな最大の理由なのです。

       

      と、その前に、

      まず、ここでお断りしておきます。

      僕は普段料理もせず、とくに調理経験があるわけでもなく、また勉強したわけでもないので全くの素人です。

      独断と偏見にまみれた感想しか書けません。

      間違っていることも多々あります。

      その辺をじゅうぶん理解したうえで読み進めてください。

       

      こちらの麺は最近流行りの細麺です。

      讃岐うどんは昔はもっと太かったのです。(僕の記憶では)

      時代が進むにつれて、喉ごし食べやすさなどを追求し細くなってきたのだと理解しています。

      太い方がいいなんて思いません。

      また、細い方が優れているとも思いません。

      要は、おいしければいいのです(笑

      その流行りによってかどうかは分かりませんが、こちらの麵は細麺になっています。

       

      そして、細麺を出すお店の多くはタピオカ澱粉が入っています。

      本来、讃岐うどんは小麦粉、水そして塩のみを使用して作られていました。

      ただ、この3種類の材料だけでうどんを作ると、讃岐うどんの最大の特徴であるコシを出すためにはとても大変な作業が必要でした。手でこねたり足で踏んだり熟成させるために一度寝かしたり。

      そうやってもなおコシを出すのには苦労したそうです。

      タピオカ澱粉はそのコシを出すために一役買っています。

      始まりは某冷凍食品会社の冷凍讃岐うどんのコシを出すために使われだしたそうです。

      そして、現在では細麺を出すかなりのお店でこのタピオカ澱粉が使用されているようです。

       

      特徴としては箸でつまんで持ち上げたとき、口に入れてかんだ時にまるでグミのような食感だったりします。

      ある人たちの間ではグミ系の麺とも呼ばれていたりもするようです。

      ひっぱるとびよーんと伸びたりもします。

      そして、ゆで上げてしばらくしてもコシが持続したりもするそうです。

      なので多くのうどん屋さんでこのタピオカ澱粉は重宝されているとも聞きます。

      こうして出来上がったうどんはのどごしもよくおいしくもあります。

      僕は決してタピオカ澱粉を否定しているわけではありません。

      確かにうまいのですから。

       

      ただ、昔食べていたうどんとはちょっと違うなーとは思うのです。

      昔食べていたうどんはもっとこうなんというか、うどんをかんだ時に最初は柔らかく歯を押し返しぐっと噛めばぷつんと切れるいさぎよさみたいなものがあったなと。

      かなり主観が入っていますが。。。

       

      長々と書いてきましたが、ここ手打ちうどん小野さんのうどんの麺にはそれがあるのです。

      柔らかく歯を押し返し、ぐっと噛めばプツンと切れる。

      全くの憶測ですがこちらの麺にはタピオカが入っていないのではないでしょうか。

      入っていたとしても、他のお店に比べてかなり少量ではないかと。

       

      そしてその麵を食べるたびに、しみじみ僕は思うのです。

      ああ、讃岐うどんはおいしいな。

      と。

       

      こちらのお店は昔風の麺と表現する人もいます。

      僕もそう思います。

      そして、僕の麺の師匠であった方は、この店はうまいと言っていました。

      その師匠はもうこちらの、いやうどん自体、食べ物自体を口にすることはなくなってしまいました。

      そして、ぼくも思うのです。

       

      このお店を教えてくれてありがとうございます。

      おいしいです。

      と。

       

       

      JUGEMテーマ:讃岐うどん


      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM